家を高く売るポイント①


どんな仕事でもそうですが、最終的に物事を決断する要素として重要になってくるのが人の部分です。持ち家を売買する際にも実際にお願いするのは不動産会社であっても、担当してくれるのはご自身を担当する営業担当の方です。どんなに高い査定額を提示されてとしても、営業担当の方が不親切でこの先のアフターフォローなどに不安が生じてしまう場合には契約をためらってしまうでしょう。

人柄そこで今回は持ち家を売買する際にどのような営業担当が良いのか、という点をみなさんにご紹介させていただきます。
まずは、何と言ってもその営業担当の人柄と言えるでしょう。売る側と買う側でしっかりとした信頼関係が築けていないようであれば売る側も売りには出してくれません。
家を売る側としては基本的に素人ですので、営業担当の方にちょっとした疑問点や売る側として不安に思っている点など細かく聞いてみて、具体的な解決案や提案を提示してくれる営業担当であればまず間違いないでしょう。
具体的な解決案が出せるということであれば知識はもちろんのこと経験もあることは間違えないので、思っていることは全て聞くのが良いでしょう。
もし、いろいろなことを聞いて、適当に答えてしまうような営業担当であれば、いくら査定額が高いからと言っても止めた方がよいでしょう。単純な話かもしれませんので、冒頭にお話ししました、人という部分は最も大事なポイントと言っても良いでしょう。